2008年06月22日

閑散としてきた秋葉原

17人が死傷した無差別殺傷事件から1週間を迎えた15日午後、東京・秋葉原で日曜・休日に実施していた歩行者天国が中止された。街は買い物客らでにぎわっていたが、警察官の姿も目立ち、物々しい雰囲気。商店主らからは「人が減った」との声も上がった。警視庁によると、1973年に始まった秋葉原の歩行者天国が、天候などの理由以外に中止されたのは初めてという。

正午ごろ、歩行者天国が中止された中央通り沿いには7、8メートル間隔で警察官が立ち、通行人に情報提供を呼び掛けるビラを配布。パトロールの警察官が通行人らに対し、時折、職務質問や荷物検査をしていた

現場となった交差点脇に設置された献花台には午前から人の波が途切れず、事件発生の午後零時半ごろ、周辺は身動きが取れないほどの混雑に。そばには警棒を持って立つ警察官の姿があった。 

・・・あの事件は、発生した現場がたまたまアキバだったという事と、加害者がアキバに何回か行った事がある人間だった、というだけの話で、アキバ自体やアキバに集う人、もっと言えばゲームやアニメといった文化に問題がある訳ではない。事件の本質を見誤ると余計な弊害を生むようで怖いです。

posted by t at 17:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。